MECC - デバッグ画面


@デバッグ開始ボタン
プロセスリストで選択しているプロセスのデバッグを開始する
Aデバッグ停止ボタン
デバッグを停止する
B再開ボタン
プロセスを再開する。ブレーク中のみ実行可能。
Cステップ実行ボタン
プロセスを1ステップだけ実行する。ブレーク中のみ実行可能。
Dジャンプ先アドレス指定
アセンブラリストに表示するアドレスを指定する。
ジャンプボタンを押すと、ここに入力したアドレスを表示する。
Eジャンプボタン
アセンブラリストに表示するアドレスを変更する。
Fアセンブラリスト
■アドレス
表示されているアセンブラのアドレス
■値
表示されているアセンブラのメモリ値
■アセンブラ
該当アドレスより解析されたアセンブラ
Gブレーク有効
チェックを入れると指定条件でブレークを仕掛ける
Hブレークポイント
ブレーク条件となるアドレスを指定する
Iブレーク条件
■実行
ブレークポイントのアドレスが実行された場合に停止する
■書込
ブレークポイントのアドレスに値が書き込まれた場合に停止する
■読書
ブレークポイントのアドレスの値が読み書きされた場合に停止する
Jブレークサイズ
ブレーク条件が書込か読書の場合に有効
■BYTE
1バイトの書き込み・読み書きが行われた場合に停止する
■WORD
2バイトの書き込み・読み書きが行われた場合に停止する
■DWORD
4バイトの書き込み・読み書きが行われた場合に停止する
Kメモリリスト
■アドレス
各メモリの開始アドレス
■サイズ
各メモリのサイズ
■モジュール
各メモリを管理しているモジュール
Lブレークリスト
ブレークした時点の情報を指定する
ブレークした時点でリストに項目が追加される
リストにはブレークした時点のプログラムカウンタが表示される
Mブレークリストクリアボタン
ブレークリストの内容を全て削除する
Nレジスタリスト
■レジスタ
レジスタ名が表示される
■値
ブレークした時点のレジスタ値が表示される
Oスタックリスト
ブレークした時点のスタック情報が表示される


前のページへ戻る

更新履歴
サイトメニュー

人気ページ
商品リンク
管理人おすすめ
当サイトは管理人TATSU、副管理人MIA
によって運営されています。
☆メールによるお問い合わせはコチラ