MECC - ゲームデータ画面


@書き込みボタン
設定したデータをメモリへ書き込む
設定していないデータについては書き込みを実施しない
A更新ボタン
現在のメモリの内容を読み込んでデータを更新する
B全書き込みボタン
読み込まれているデータをメモリへ書き込む
設定していないデータについても書き込みを実施する
C編集ボタン
編集モードの切り替えを行う
ボタンを押した状態で編集モードになる
編集モードにするとサブデータリストと編集リストが表示される
D書き込み無効ボタン
書き込み機能のON/OFFの切り替えを行う
ボタンを押した状態で書き込み無効になる
書き込み無効の場合、データリストで書込状態を設定していても書き込みが実行されない
Eサブデータ表示ボタン
サブデータ表示の切り替えを行う
ボタンを押した状態でサブデータが表示される
F保存ボタン
編集した内容をファイルへ保存する
G元に戻すボタン
編集した内容を破棄して元の状態に戻す
Hインポートボタン
エクスポートされた外部ファイルからゲームデータをインポートする
インポートする場合、元のデータは全て削除される
Iエクスポートボタン
現在のゲームデータを外部ファイルへエクスポートする
Jグループ検索
グループリストから項目を検索する
先頭から部分一致するものも検索対象とする
Enterを押すことで検索実行可能
K次を検索
グループリストで選択中の項目より後ろの項目に対して検索を実行する
L前を検索
グループリストで選択中の項目より前の項目に対して検索を実行する
Mグループリスト
ゲームデータのグループ一覧が表示される
選択することでデータリストに選択グループ内のデータが表示される
ダブルクリックすることでグループ名を変更可能
ドラッグで順番の並び替え、階層化が可能(そのまま移動すると下位層に移動され、Ctrlキーを押しながら移動すると同じ階層に挿入される)
 グループリストのメニュー
■同じ階層にグループ追加
選択中のグループと同じ階層に、新しくグループを追加する
■下の階層にグループ追加
選択中のグループの下の階層に、新しくグループを追加する
■グループ削除
選択中のグループを削除する
■グループ名変更
選択中のグループ名を変更する
■コピー
選択中のグループを元にグループをコピーする(詳細は後述)
■並び替え
選択中のグループの順番を並び替える(並び替えウィンドウ
並び替え対象は選択中のグループと同じ階層にあるグループのみ
Nデータリスト
ゲームデータのデータ一覧が表示される
項目をグループリストへドラッグ&ドロップすることで、選択した項目を指定したグループへ移動させることが可能
■読
データの値を監視するかどうかを指定する
選択すると監視状態になり、はずすと監視状態が解除される
読のヘッダをクリックすると一括変更することが可能
■書
データの値を書き込みするかどうかを指定する
選択すると書込状態になり、はずすと書込状態が解除される
書のヘッダをクリックすると一括変更することが可能
■項目
データの項目名が表示される
■値
監視状態だと現在のメモリの内容が表示される
設定状態だと更新したときのメモリの内容が表示される
ただし、値を変更した場合は変更後の内容が表示される
 データリストのメニュー
■データ追加
新しくデータを追加する
■データ削除
選択中のデータを削除する
■コピー
選択中のデータを元にデータをコピーする(詳細は後述)
■並び替え
データリストの順番を並び替える(並び替えウィンドウ
■メモリ表示
選択中のデータのアドレスをメモリエディタに表示する
■有効データをゲームコードへ追加
選択中のデータをゲームコードへ追加する
ただし、データの種別がON/OFFで値が有効になっているものが対象
■全項目→監視設定
全てのデータの監視状態を設定する
■全項目→監視解除
全てのデータの設定状態を解除する
■全項目→書込設定
全てのデータの書込状態を設定する
■全項目→書込解除
全てのデータの書込状態を解除する
■全項目→最大値設定
全てのデータの値を最大値に設定する
最大値が設定されていないものについては設定されない
■全項目→最小値設定
全てのデータの値を最小値に設定する
最小値が設定されていないものについては設定されない
■選択項目→監視設定
選択中のデータの監視状態を設定する
■選択項目→監視解除
選択中のデータの監視状態を解除する
■選択項目→書込設定
選択中のデータの書込状態を設定する
■選択項目→書込解除
選択中のデータの書込状態を解除する
■選択項目→最大値設定
選択中のデータの値を最大値に設定する
最大値が設定されていないものについては設定されない
■選択項目→最小値設定
選択中のデータの値を最小値に設定する
最小値が設定されていないものについては設定されない
Oサブデータ
選択中のゲームデータに対するサブデータが表示される
種類が「選択」か「フラグ」の場合のみ内容が表示される
クリックすることで内容を変更することが可能
Pサブデータリスト
ゲームデータのサブデータ一覧が表示される
ダブルクリックすることでサブデータの編集が可能(詳細は後述)
 サブデータリストのメニュー
■サブデータ追加
新しくサブデータを追加する
■サブデータ削除
選択中のサブデータを削除する
■サブデータ名変更
選択中のサブデータ名を変更する
■並び替え
サブデータリストの順番を並び替える(並び替えウィンドウ
Q編集リスト
■項目名
データの項目名を指定する
■種類
データの種類を指定する
●バイト:数値で指定する
●ON/OFF:固定値を書き込む
●フラグ:指定したサブデータから選択する
●選択:指定したサブデータから選択する
●バイト符号付:符号付数値で指定する
●SJIS文字:文字列(SJIS文字コード)で指定する
●実数:数値を実数で指定する
●UTF-8文字:文字列(UTF-8文字コード)で指定する
■アドレス
データの開始アドレスを指定する
式を入力することも可能
サイズ単位をビット指定する場合は開始ビットを指定する
開始ビットはアドレスの後ろに:Xで指定する
例)306000:2
アドレス306000の3ビット目から読み込む
サイズを2バイト以上にして連続しないアドレスを指定する場合は/で区切る
アドレス:306000/306010
サイズ :2

306000を下位バイト、306010を上位バイトとして値を設定・表示する
03E7を書き込んだ場合、306000にE7、306010に03が書き込まれる
種類がON/OFFで複数バイトを指定する場合は,で区切る
その場合、設定値も同様に,で区切る
アドレス:306000,306010
設定値 :10,20

306000に10、306010に20が書き込まれる
■設定値
書き込みを実行した場合に書き込む値を指定する
INPUTを入力すると指定された値を書き込む
式を入力することも可能
設定値:INPUT
5が指定されると対象アドレスに5を書き込む

設定値:INPUT+1
5が指定されると対象アドレスに6を書き込む
■表示値
データリストの値に表示される値を指定する
空白にすると設定値と同じになる
INPUTを入力すると対象アドレスのメモリを読み込む
式を入力することも可能
表示値:INPUT
対象アドレスのメモリが5の場合、リストに5が表示される

表示値:INPUT+1
対象アドレスのメモリが5の場合、リストに6が表示される
■エンディアン
データのエンディアンを指定する
●自動設定:アプリケーションで設定されているエンディアンで設定・表示する
●ビッグエンディアン:ビッグエンディアンで設定・表示する
●リトルエンディアン:リトルエンディアンで設定・表示する
■入力基数
データの入力基数を指定する
●10進数:10進数で設定・表示する
●16進数:16進数で設定・表示する
■サイズ単位
データサイズの単位を指定する
●バイト:サイズをバイト単位で指定する
●ビット:サイズをビット単位で指定する
■サイズ
データのサイズを指定する
■最大値
データの最大値を指定する
設定する値が最大値を超える場合に最大値に設定する
最大値と最小値を両方0にすると上限下限を設けない
■最小値
データの最小値を指定する
設定する値が最小値を超える場合に最小値に設定する
最大値と最小値を両方0にすると上限下限を設けない
■サブデータ
種類がフラグ・選択・文字列の場合にサブデータを指定する
サブデータの設定値は後述

グループコピー


@実行ボタン
コピーを実行する
Aキャンセルボタン
コピーを実行せずに終了する
B自動入力ボタン
コピーリストにグループ名を自動で入力する
コピー元のグループ名から数字部分を探して連番をつける
自動入力をした場合コピーリストの元の内容は削除される
Cコピーリスト
コピー後のグループ名を入力する
各行に入力された内容がグループ名になる
5行入力した場合5つのグループが追加される
D差分リスト
コピー実行時のアドレス差分を指定する
デフォルト値は各データのサイズ
差分を2にした場合、コピーリストの1行目のグループは元データのアドレス+2になり、コピーリストの2行目のグループは元データのアドレス+4になる
■データ
コピー元グループの各データ名が表示される
■差分(16進数)
各データに対するコピー時の差分が表示される
ダブルクリックすることで変更可能
ヘッダ部分をクリックすることで一括変更可能
Dツリー差分リスト
コピー実行時のツリー階層になっている下位層のアドレス差分を指定する
下位層が存在しない場合、リストには何も表示されない
■下位層を持つグループ名
下位層が存在するグループ名が表示される
表示されているグループの配下のグループのコピー時の差分を指定する
■下位層のコピー差分(16進数)
各グループに対するコピー時の差分が表示される
ダブルクリックすることで変更可能

データコピー


@実行ボタン
コピーを実行する
Aキャンセルボタン
コピーを実行せずに終了する
B自動入力ボタン
コピーリストにデータ名を自動で入力する
コピー元のデータ名から数字部分を探して連番をつける
自動入力をした場合コピーリストの元の内容は削除される
入力個数の先頭に$を付けることで16進数で連番をつけることが可能
Cアドレス差分
コピー実行時のアドレス差分を指定する
デフォルト値はコピー元データのサイズ
差分を2にした場合、コピーリストの1行目のデータは元データのアドレス+2になり、コピーリストの2行目のデータは元データのアドレス+4になる
Dコピーリスト
コピー後のデータ情報を入力する
左のリストから項目名、アドレス、設定値を入力する
5行入力した場合5つのデータが追加される
3つのリストで行数を合わせないとコピーできない
データを複数選択してコピーを実行する場合、入力した数÷選択数のデータが追加される
例)A1、B1、C1のデータを選択してコピーした場合
A2
B2
C2
A3
B3
C3

上記を入力して実行すると、
A2,A3がA1のコピー
B2,B3がB1のコピー
C2,C3がC1のコピー
となる

サブデータ


@保存ボタン
現在の内容をサブデータに保存する
A選択データ入力ボタン
各行に選択データ用の値を付与する
Bフラグデータ入力ボタン
各行にフラグデータ用の値を付与する
Cサブデータリスト
サブデータの値を入力する
各行の先頭にコンマ区切りで値を入力する
■データの種類が選択の場合
XX,ABC
値XXをABCとして扱う

00,アイテム1
01,アイテム2

対象アドレスの値が00の場合アイテム1が表示される
対象アドレスの値が01の場合アイテム2が表示される
■データの種類がフラグの場合
XYY,ABC
対象アドレス+(X-1)の値&YYが0でなければABCを有効とする

101,アイテム1
280,アイテム2

対象アドレスの値のビット1が1の場合アイテム1がチェックされる
対象アドレス+1の値のビット8が1の場合アイテム2がチェックされる
■データの種類がSJIS文字の場合
XX,(終端)
値XXを文字列の終端とする

00,(終端)

00を文字列の終端とする


前のページへ戻る

更新履歴
サイトメニュー

人気ページ
商品リンク
管理人おすすめ
当サイトは管理人TATSU、副管理人MIA
によって運営されています。
☆メールによるお問い合わせはコチラ