AmazonLink

MECC - ゲームデータを使う

ゲームデータ機能使用方法
○ゲームデータ読み込み
MECCには、セーブデータ変更ツールのようにゲームのデータを簡単に変更することができる機能があります。それが、「ゲームデータ」機能です。
この機能は、メインメニューの表示->ゲームデータで表示されるウィンドウで使用することができますが、使用するためにはゲームデータのファイルが必要になります。
ファイルは以下の3つの方法で作成することが可能です。
 @自分で作成する
 Aゲームデータのファイルをインポートする
 Bサーバアクセスでゲームデータのファイルを読み込む
ここでは、Bのサーバアクセスして作成する方法を説明します。
ちなみに、Aの方法の場合は、当サイトのMECCデータ置き場からダウンロードすることができますので、そちらのファイルを使用してください。

今回はSFCのFF5をサーバから読み込んで、ゲームデータを使用してみます。
まずは、メインメニューの表示->サーバアクセスでウィンドウを開き、サーバ読み込みボタンを押して一覧を読み込みます。 左のリストからSFCを選択し、右のリストから"ファイナルファンタジー5"を探します。 ファイナルファンタジー5を選択したら、ゲームデータ追加ボタンを押します。




これで、ゲームデータの読み込みは完了です。
このとき、既に同じタイトル名のデータが存在する場合は、上書きするか確認されるので、元のデータを消したくなければ上書きしないように注意しましょう。
○値の変更
ゲームデータ機能を使うためには、事前にアドレス設定を行っておく必要があります。 アドレス設定手順は改造コードを使うを参考にしてください。
また、ゲームデータ機能は実際にプレイ中のゲームのデータを書き換えるので、エミュレータを起動して、変更するゲームを実行しておいてください。
ゲームを実行し、アドレス設定ができたらメインメニューの表示->ゲームデータでウィンドウを表示し、対象のゲームデータを選択します。 先ほど追加したファイナルファンタジー5をツールバーで選択します。




選択すると、左側のリストへ各項目が表示されます。このリストから変更したい項目を選んで、さらに右側のリストから変更したい項目を選んで変更し、書き込みボタンを押すと変更されます。それでは、その手順を説明していきます。

まずは、所持ギルを最大にしてみることにしましょう。
左のリストにある"各種データ"を選択すると、右側のリストに詳細な項目が表示されます。その中に"ギル"の項目があります。現在の所持ギルは500になっていることが分かります。




この値を変更してみます。所持ギルの項目をダブルクリックすると、値を入力するダイアログが表示されますので、10000を入力します。
所持ギルの値が10000に変わったのを確認して、書き込みボタンをクリックしてください。




これで変更完了です。実際にゲーム画面を見ると元々500だった所持ギルが10000に変わっているはずです。

今回は所持ギルを変更しましたが、その他にも主人公のHPやLP等のステータスも変更することができます。リストに数字が表示されているものについては、上記と同じ手順で変更できますので、自由に値を書き換えて遊んでみましょう。
○種類の変更
上では値を変更する方法を説明しましたが、ここでは種類を変更する方法を説明します。種類とは、例えばアイテムの種類や魔法の種類のことです。簡単に言うと数字で表示されないデータのことですね。
今回は、アイテムの種類を変更して強い武器を持っている状態にしてみます。

上では、左のリストから"各種データ"を選択しましたが、今回は"アイテム"を選択します。まずは"アイテム/種類"を選択します。選択すると、右側に現在持っているアイテムの種類が表示されます。今回の例ではポーションのみを持っている状態です。




試しに"ラグナロク"を99個手に入れた状態にしてみます。右のリストの項目が2になっている行をダブルクリックすると、道具の種類を選択するウィンドウが表示されます。この中からラグナロクを選択してダブルクリックで決定します。




次に個数を99個に変更します。左のリストの"アイテム/個数"を選択し、右のリストの項目が2になっている値を99に変更します。値の変更手順は値の変更で説明した手順と同じです。
種類と個数をそれぞれ変更したら、書き込みボタンを押してください。これで変更は完了です。
ゲームで持ち物を確認すると、2個目の道具がラグナロク99個になっているはずです。
○フラグの変更
続いてフラグデータを変更する手順を説明します。フラグデータは種類に似たようなものですが、種類とは違って複数同時に選択することができます。
今回は、いくつかのあおまほうを覚えてみましょう。

左のリストから"各種データ"を選択し、右のリストから"あおまほう"をダブルクリックして選択します。

選択するとアイテム種類のときと似たようなウィンドウが表示されます。ここでは、現在覚えているあおまほうにチェックが入っています。当然最初の状態だとどのあおまほうにもチェックは入っていません。いくつかのあおまほうを覚えることにします。いくつかの項目にチェックを入れて変更ボタンを押します。




チェックを入れて書き込みボタンを押すと、チェックを入れたあおまほうを覚えているはずです。

フラグも色々なデータで使われているので、使い方を覚えておきましょう。
○有効無効
最後にもう一つ説明しておきます。画面の説明はなしです。

値のところに、<無効>と書かれたデータがあります。 この項目をダブルクリックすると<有効>に切り替わります。
この状態で書き込みボタンを押すと、<有効>にした項目のデータが有効になります。
他のデータとは違って、データを戻すことができないので注意してください。



説明はここまでですが、ゲームデータ機能を使うと簡単にゲームのデータを変更することができることを分かってもらえたかと思います。
今回説明したFF5以外のゲームでも同じように所持金やアイテム等を自由に変更することができます。
ただし、項目の表記についてはそれぞれのゲームで異なると思いますので、実際に読み込んだゲームの中身を見て自分が変更した項目を探してください。
更新履歴
サイトメニュー

人気ページ
商品リンク
管理人おすすめ
当サイトは管理人TATSU、副管理人MIA
によって運営されています。
☆メールによるお問い合わせはコチラ