AmazonLink

改造コード表に関する説明

改造コードの入力方法
□表には"7E0000 XX"という形式で表示していますが、
実際にコードを入力する場合はXXに適当な数字を入れて(16進数、例:0A,FFなど)、"7E0000FF"と入力する。
コードの隣に書かれている()内の値について
□表に"7E0000 XX(63)"のように()が付いているコードがあります。これはそのコードの最大値を表すものです。例えばHPのコードでHPの最大が99の場合に、()内の値をXXに入力すればHPが99になります。
□XXに何を入力したらいいか分からない場合は、()内の値を入力するとよいです。
連続しているコード
□表のコードの部分で
"7E0000 XX"
"  +01h"
"7E0010 XX"
のように記述しているものがありますが、これは連続しているコードを表します。例えば、アイテムの欄が10個ある場合、
"7E0000 XX"
"  01h"
"7E0009 XX"
のように書かれていて、
"7E0000 XX" "7E0001 XX" … "7E0008 XX" "7E0009 XX"
の値がそれぞれアイテムの1個目、2個目、…、9個目、10個目に対応します。
□"+02h"と記述されていた場合は、
"7E0000 XX" "7E0002 XX" "7E0004 XX"
と、アドレスの部分に+02hずつしていきます。
二人以上のキャラクタがいる場合のコード
□表はAAAのコード。次のキャラクタ以降のコードアドレス。という表記があった場合、その下の表に書かれているアドレスを入力するとAAAの能力や強さが変わります。
それ以外のキャラクタの強さを変更したい場合は次のキャラクタ以降のコードアドレスに対応する値を足します。
例えば、二人目 +1Bh、三人目 +36hという表記があり、一人目の強さのコードが"7E0000 XX"であった場合、二人目の強さのコードは"7E001B XX"、三人目の強さのコードは"7E0036 XX"となります。
□+XXhの表記が一つしかない場合は全てのアドレスに対して+XXhすれば良いですが、他に+YYhという表記があった場合はどのコードに対しては+YYhすればよいかをその上に記述しています。
そこの記述が"アドレス"であった場合は"アドレス"以外に書かれているコードを除いたものは全て"アドレス"の下の部分に書かれている値を足します。
値対応表
□コードの部分のXXがリンクされている場合、そこをクリックすることでXXの値が何に対応するかを記述した表が表示されます。
二桁の数字をXXに入力することで、それに対応する効果を得ることができます。詳しくは下をお読み下さい。
□補足の部分に"XX表"と記述があった場合、そこに書かれている値を入力することで対応する効果を得られることができます。
例えば、名前のコードが"7E0000 XX"でXX表に00=アイ、01=ウエオと記述されていた場合、"7E0000 00"と入力すると名前がアイに、"7E0000 01"と入力すると名前がウエオになります。
用語説明
□コード:"7E0000 XX"のことを表します。
□アドレス:コード"7E0000 XX"の"7E0000"の部分を表します。
□値:コード"7E0000 XX"の"XX"の部分を表します。
□+XXh:アドレスに16進数で+XXすることを表します。
16進数の計算はWindowsのアクセサリにある電卓で、
"表示"->"関数電卓"で"16進"を選択することで簡単に計算できます。
□YY=AAA:コード"7E0000 XX"のXXにYYを入力することでAAAとなる、ということを表します。
更新履歴
サイトメニュー

人気ページ
商品リンク
管理人おすすめ
当サイトは管理人TATSU、副管理人MIA
によって運営されています。
☆メールによるお問い合わせはコチラ